委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?イッた回数がバレちゃう世界【浪田のエロ漫画】

浪田の「委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?〜イッた回数がバレちゃう世界〜」のあらすじや感想を紹介。ヒロインの委員長はもちろん、他の女の子もいい味出しています♪
MENU

委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?イッた回数がバレちゃう世界【浪田のエロ漫画】

表紙の絵の可愛さに惹かれ、タイトルがやたら長い「委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?〜イッた回数がバレちゃう世界〜」を読みました。

 

全人類が共通してイッた回数が見える世界なのかと思いきや、他人のイッた回数が見えるのは主人公だけです。主人公はそれで女の子の弱みを握り、次々にエッチな行為をしていきます(*´Д`)ハァハァ

 

※委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?を読むには、コミックフェスタにアクセスし「さっきトイレで」で検索、もしくは作者名の「浪田(なみた)」で検索してください。

 

⇒ コミックフェスタはこちら

委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?のあらすじ

三枝 誉は、授業中の居眠りで妙な夢を見る。

 

モテない男を救う悦楽の女神イシュタルなる姉ちゃんが現れ、他人の頭上にイッた回数が見えるようにしてくれるというのだ。

 

「使い方は貴方次第♪」

 

居眠りから覚めた誉が辺りを見回すとびっくり仰天!クラスメイト一人一人の頭上に数値が見えるようになっているのだ。

 

82、32、274、25・・・その中でもとりわけ数値の高い女子がいた。

 

1919回!!?それが真面目で清楚に見えるクラス委員長、花咲 わこだったから、なおさら驚きだ!!

 

しかも花咲は授業中にトイレへ行き、トイレから帰ってきたら数値が1920に増えてる!!

 

「(ま、まさか花咲さん、トイレで・・・?)」

 

誉はこの能力が本物なのか確かめるため、放課後の空き教室へ花咲を誘い、訊ねる。

 

「委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?」

 

それを聞き、あからさまに動揺する花咲。慌てた花咲は、自分のバッグの中身をぶちまけてしまう。そこから出てきたのは、なんと大人のオモチャだった!!

 

誉は弱みを握ったとばかりに、大人のオモチャを使い、執拗に花咲のアソコを攻める。

 

まずはパンツの上から。そしてパンツの中へ直当てしていく。

 

ヴヴヴヴ・・・

 

「ダメッダメ、イ、イク・・・イッ」

 

1919 → 1920

 

「(カウンターが動いた!!この能力・・・ガチだ・・・ッ!)」

 

誉はこの能力で女の子の弱みを握り、次々とオイシイ思いをしていくこととなる。

委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?の主な登場人物

三枝 誉
本作の主人公。夢に出てきた女神の恩恵により、他人のイッた回数が見える能力を得る。
その能力を駆使して、次々に女の子に手を出していく。

 

花咲 わこ
誉のクラスの委員長。真面目で清楚。しかし本当は授業中トイレへ行って、オナるほどのオナニスト。
初登場時のイッた回数は1919回。誉にちょっかいを出されてからは、一人ではイキにくくなってしまう。

 

渚 ひなぎ
誉と同じ学校に通うギャル。金髪で巨乳。ビッチを気取っているが、実は男性経験ゼロ。
初登場時のイッた回数は0回。のちに誉によってイカされ、角オナにも目覚める。

委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?の感想

元々は表紙の委員長に惹かれて読み始めたのですが、なんちゃってビッチのひなぎちゃんもかなりイイ(〃∇〃)

 

ギャルでビッチかと思いきや、ウブで処女なんて、ギャップが最高じゃないですか!!

 

委員長は1919回もイッたことあるけど、あくまでそれはオナニーによるもので、ヤリヤリという感じではないのも良い。

 

しかし、学校に大人のオモチャ持参は、あまりにも現実味ないだろ、と。そもそもどうやって入手したのかとツッコミたいw

 

イッた回数が見えるなんて能力、どうやって有効活用すんだ?と思いましたが、誉は有効活用してるよなぁ。

 

私がそんな能力持っても、彼女をイカせたと思いきや、イッてなかったと分かって、へこむだけになりそうだw

 

委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?は、まだまだ始まったばかりなので、今後出て来るであろう女の子にも期待です。

 

「清純かと思いきやハイパーオナニスト」「ビッチかと思いきや処女」この2人に続き、次はどんなキャラが出て来るのか。楽しみである。

 

※委員長、さっきトイレでオナってたでしょ?を読むには、コミックフェスタにアクセスし「さっきトイレで」で検索、もしくは作者名の「浪田(なみた)」で検索してください。

 

⇒ コミックフェスタはこちら

このページの先頭へ